男爵資料館・アクセス
  • 男爵資料館

  • JR江差線渡島当別下車徒歩3分
    (函館から約40分・木古内から約20分)
    函館市内から車で約40分
  • 住所/〒049-0282 北海道北斗市当別4丁目3-1
  • 電話番号/0138-21-1177((株)男爵倶楽部 兼用)
  • 入館料/大人500円 小中学生300円 70歳以上300円
  • 開館時間/9:00〜17:00
  • 定休日/火・木曜休館、12月〜2月は休館
  • 周辺観光スポット
  • トラピスト修道院
  • トラピスト修道院

  • 1896年(明治29)年、フランスからジェラル・プーリエら9人の修道士たちが日本最初の男子トラピスト修道院を創設。正式名称は「厳律シトー会灯台の聖母大修道院」で「トラピスト」という名称はかつてシトー会を改革したフランスのトラップ修道院に由来します。現在の赤レンガの建物は、最初の修道院が焼失したため1908年(明治41)に建てられたもの。周辺の緑と調和した姿は人々の心を和らげます。
  • 男爵資料館から徒歩5分
  • サラキ岬
  • サラキ岬

  • 岬からは津軽海峡や函館山を一望することができる展望スポット。沖合には幕末に活躍した「咸臨丸」が眠るといわれ、咸臨丸モニュメントや咸臨丸の偉大な功績を称えた「咸臨丸終焉の碑」が設置されています。また、咸臨丸がオランダで建造された縁でチューリップ花壇が整備されており、毎年5月には色鮮やかな数万球のチューリップで彩られます。
  • 男爵資料館から車で10分
  • 茂辺地川
  • 茂辺地川

  • 途中いくつかの支流と合流しながら北斗市茂辺地の海へ注ぐ河川で、毎年秋にはサケが遡上することで知られています。毎年11月3日には「北斗市茂辺地さけまつり」が下流の河川敷にある特設会場で開催され、「サケのつかみどり」「サケ鍋の無料サービス」等さけにちなんだ楽しいイベントが行われます。
  • 男爵資料館から車で10分
  • 団体見学のご案内
  • 団体見学

  • 男爵資料館は、新しもの好きなハイカラ男爵が明治・大正 時代に欧米より取り寄せた、当時としては珍しく貴重な品々を約5000点展示されております。修学旅行・社会見学等に是非ご活用ください。

  • ■団体割引5名以上: 大人/400円 小・中学生/200円
  • ※この他、学校団体特別割引もございます(予約2日前まで)
  • リーフレットダウンロードはこちらから